ATACカンファレンス2019京都にて作成されたテキストです。

一部の発表の内容が掲載されています。


      ■ATACカンファレンス事務局 編 (A4判・88頁) 1,000円(税込) 2019.12刊行

.....................................................................................................................................

目次


Gathering Day
研究・ポスター発表
「支援学校(肢体不自由)におけるxR 技術を活用した自立活動及び授業の取り組み」
 馬渕 哲哉(大阪府立岸和田支援学校)
「Google From とGoogle スプレッドシートを使って重度重複障害の児童生徒の体調を記録する」
 日置 晋平(大阪府立交野支援学校)
「重い障害のある肢体不自由児の因果関係理解を促すiPad アプリ『ぼいすぶっく』の開発」
 鈴木 章裕(横浜市立上菅田特別支援学校)
「「生活自立教育支援アプリケーション(LIES アプリ )」の開発」
 中川 宣子(京都教育大学附属特別支援校)
「肢体不自由のある子ども達のための入力システムの開発(4)」
 杉浦 徹(独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所)
「モーションセンサーを使った人口呼吸器を有する成人女性に対する支援の導入」
 田中 紀行(大阪府立交野支援学校)
「視線入力評価ツールによる客観評価手法の研究」
 長井 銚隋陛膾大学大学院 自然科学研究科)
「汎用コミュニケーション支援システムVCAN のエディタ機能の拡張」
 杉山 陽菜子(新潟大学大学院 自然科学研究科)
「発達障がい児のための楽しく学ぶ療育・教育ソフトの開発」
 小林 誠悟(島根大学大学院 自然科学研究科)



Practical Day
■テーマ1【学習困難・SENS講習/学習に困難のある子どもを理解し支援する技術】
「学習に遅れのある子どもの理解と評価」
 河野 俊寛(金沢星稜大学)
「読み書きの苦手な子どもたちへのテクノロジーの活用」
     平林 ルミ(東京大学先端科学技術研究センター)

■テーマ2【学び/今の教育の良い点、変えるべき点】
「特別支援教育の指導目標は今のままでいいのか? 〜通常級に返す実践〜」
 井上 賞子(島根県松江市立意東小学校)
「特別支援教育の指導目標は今のままでいいのか? 〜生活に結びつく実践〜」
 井上 賞子(島根県松江市立意東小学校)
「IQや心理検査による能力評価から教師による介入・観察を活用した教育へ」
 河野 俊寛(金沢星稜大学)
「養護学校の卒業生の今から教育を考える」
 坂井 聡(香川大学 教育学部)・中邑 賢龍(東京大学先端科学技術研究センター)

■テーマ3【働き/働きかたの変革】
「もし企業に就職しないという選択肢をとったら職業訓練はどう変わるか?」
 近藤 武夫(東京大学先端科学技術研究センター)
「教育の中でキャリア教育はどう行われるべきか?」
 近藤 武夫(東京大学先端科学技術研究センター)
「働きにくい人の特徴と彼らへのアドバイス」
 三宅 琢(株式会社 Studio Gift Hands)
「産業医から見た組織の在り方 〜ユニークな人を束ねる組織とは!?〜」
 三宅 琢(株式会社 Studio Gift Hands)

■テーマ4【暮らし/教育・子育て・福祉に必須の最新のテクノロジー入門講座】
「教育・子育て・福祉に必須の最新のテクノロジー入門」
 巖淵 守(早稲田大学人間科学学術院)

■テーマ5【コミュニケーション/AAC on Demandの理論を実践的に学ぶ】
「コミュニケーションの食い違いを解く鍵 〜発達障害のある人とのコミュニケーション〜」
 坂井 聡(香川大学 教育学部)
「知的障害の人とのコミュニケーションの糸口をどのように見つけるか?」
 青木 高光((独)国立特別支援教育総合研究所)
「自閉症のある人とどうやって会話の場をつくるか?」
 坂井 聡(香川大学 教育学部)
「重度重複障害のコミュニケーション能力を把握するには?
 〜重度・重複障害児との日常コミュニケーション調査票の開発〜」
 赤松 裕美(東京大学先端科学技術研究センター)
 佐野 将大・谷口 公彦(香川県立高松養護学校)
「重度重複障害のコミュニケーション能力を把握するには?
 〜重度・重複障害児との日常コミュニケーション調査票の活用〜」
 佐野 将大・谷口 公彦(香川県立高松養護学校)
 赤松 裕美(東京大学先端科学技術研究センター)

■テーマ6【能力観・多様性理解/当事者との対話】
「閉じ込め症候群から見たコミュニケーション」
 飯田 真由美(元出版社勤務)・中邑 賢龍(東京大学先端科学技術研究センター)
「肢体不自由のある人の1日」
 前川 智秋・吉成 亜実
 奥山 俊博・赤松 裕美(東京大学先端科学技術研究センター)

■テーマ7【オムニバス/公募セミナー】
「通常学級で学習・コミュニケーションに困難を抱える児童へのICT を活用したアプローチ」
 鈴木 秀樹(東京学芸大学附属小金井小学校)
「視線入力訓練アプリ EyeMoT によるアセスメントから学習利用までの活用テクニック」
 伊藤 史人(島根大学 総合理工学研究科)
「オンライン動画を活用した支援機器研修方法の開発」
 金森 克浩(日本福祉大学)


カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

 

株式会社atacLab | エイタックラボ

〒150-0036 東京都渋谷区南平台町16-28
Daiwa渋谷スクエア6F
Tel 03-4360-5078
Fax 03-5539-4612